待望のオフロードモデル!10/9スタッフ試乗レビュー追記 越谷

皆さん こんにちは、カワサキプラザ越谷の李香です

爽やかな秋の空気に澄んだ空

色づき始める山々・・・

皆さん、林道ツーリングに行きたくなりませんか?

今回は待ちに待ったオフロードモデル、KLX230が入荷しましたのでご紹介します!

【KLX230】
価格 :495,000円(本体価格 450,000円、消費税 45,000円)
カラー:ライムグリーン、エボニー
製造国:インドネシア

ブランニューモデルとなるKLX230は、誰もがオフロードライディングを楽しむことが出来るようエンジンとフレームが一から新設計されています

低中回転域から力強いトルクを生み出す単気筒エンジンのシンプルな構造は、オフロードライディングに最適な扱いやすいエンジン特性に加え、高い信頼性と耐久性を誇ります

ABSシステムが搭載され、オンロードとオフロードどちらの路面においても安全に停止できるようブレーキを制御してくれます

フロント21インチ、リヤ18インチのアルミニウム製ホイールは走破性に優れ、高いオフロードライディング性能に貢献しています

軽さと扱いやすさを重視し、初心者から中級者のライダーにも扱いやすい軽快なハンドリング特性となっています

林道ツーリングに行くなら暑くも寒くもない今の時期がぴったりです!

ぜひこの機会に、オフロードバイクの魅力と林道ツーリングの楽しさを実感してください!

以下追記です

こんにちは!

スタッフのひろあきです

本日(10/9)販売店スタッフ向け試乗会でKLX230/230Rを試乗してきたので感想をお伝えしたいと思います

私は旧モデルのKLX250を所有していて年に数回林道ツーリングに行きます

最近はあまり行っていないですが…

そのぐらいのレベルのレビューだと思ってお読みいただければ幸いです

今回の会場は茨城県坂東市にあるイワイサーキットのモトクロスコースで行われました

先日の雨によりぬかるんでいる部分があったため、フルコースでの走行は出来ませんでしたが時間いっぱい使って沢山乗ってきました!

まずは市販車モデルの230を試乗

久しぶりのオフロード走行であるうえに、ぬかるんだコースに恐怖心が勝り思い通りに走れなかったのですが、旧モデルのKLX250よりも軽く仕上がっているのは感じることができました

いったん230の試乗を中断し、どれくらいの違いがあるのかと230Rの試乗をしてみました

正直私ぐらいのレベルではそんなに違いは感じられないかもと思っていたのですが、乗ってみたら全然違いました

230よりさらに軽やかに走ってくれます

あとこれは装着されているタイヤの差も大きく出たんだと思いますが、コーナリングの安定感がありました

ちなみに230に装着されているタイヤは舗装路の走行も考慮したタイヤの為、ぬかるみで滑るのは仕方のないことなんです

その後、休憩をはさみつつ何度か試乗しているうちにだんだんと体も慣れてきて路面状況も良くなってきました

路面が乾いてくると230の純正タイヤでもそこそこ走れるようになってきて段々と違いが見えてきました

ジャンプ後の着地の際に230Rだとなんともないのですが、230だとサスペンションが底付きしてしまいます

また、スプロケット丁数の違いにより230Rだと2速のまま曲がれるコーナーも、230だと失速してしまいそうになり半クラッチが必要になります

こういう書き方をすると230は230Rよりもサスペンションが悪くトルクも少ないという風に聞こえるかと思いますがそうではありません

想定している使用目的の違いに合わせてそれぞれのモデルに適したセットアップがなされているのです

230Rはクローズドコース専用モデルなのでジャンプも含めたハードな乗り方に耐えうるサスペンションのセッティングがされており、スプロケットも最高速を伸ばすよりも加速性能を重視した丁数を採用しています

230は公道モデルですので、ツーリングでの使用がメインになります

一般的に林道ツーリングに行ったとしても、林道を走れる時間は少なくツーリングの行程の大半は舗装路です

そのため長距離走行を想定し乗り心地も考慮したサスペンションのセッティングが施され、スプロケットも高速道路の走行まで想定した丁数が採用されています

つまり230Rの方が今回の試乗コースとの相性が良いんです

仮に舗装路も含めた林道ツーリングで乗り比べたら230の方に軍配が上がると思います

また230にはカワサキ初のデュアルパーパスABSシステムが装備されています

一般的にオフロードにABSはダメだと言われていましたし、私もそうだと思っていました

それが今回乗ってみて変わりました

わざと強めにガツンとブレーキをかけてみてもタイヤがロックしないんです

だからと言ってブレーキが利いてないような感じではなくしっかり減速してくれます

オフロード走行初心者の転倒で多いのがフロントブレーキをガツンとかけてフロントからズザーっと転ぶタイプだと思います

また、そうなることを恐れてフロントブレーキを使えずにリアブレーキとエンジンブレーキで減速しようとする人も多いと思います

かく言う私も最初の頃はそうでした

特に下りなんかはエンジンブレーキに頼りまくっていました

そういったブレーキング時の転倒の不安がかなり解消されると思います

下りで長めの直線の後にカーブがある場面なんかで恩恵を感じられるのではないかと思います

オフロード走行してみたいけど転ぶのが怖くてなかなか一歩が踏み出せない方にとてもおススメのモデルだと思います

ABS搭載のKLX230でオフロードデビューしてみませんか?

左:エボニー、右:ライムグリーン どちらもかっこいいです! コンパクトな設計が扱いやすさと軽量化に貢献しています。空冷方式を採用し、オフロードライディングに理想的であるシンプルなエンジン構造としています 明るさを第一に設計されたヘッドライトは、夜間走行時も優れた視認性を実現します フラットなタンクシートデザインを採用し、ライディングポジションの自由度を高めています 身長175㎝のスタッフが跨るとこんな感じです 両足着くとこんな感じです。ちなみにKLX125でギリギリの158㎝の私はつま先すら届きませんでした

諸注意事項

※商談、売約済みの場合があります。ご来店の際や詳細については、事前にお電話下さい。 
※保険料、税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。
※お客様のPCモニター・スマートフォンによって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。

所在地
〒343-0002 埼玉県越谷市平方1234-1
営業時間
10:00〜18:00
定休日
毎週火曜日、第1水曜日、第3月曜日
TEL
048-972-1556
MAIL
koshigaya@kawasaki-plaza.net

ページの先頭へ