IMU【イナーシャルメジャメントユニット】 札幌白石

おはようございます!ショウヘイです。
今日は「IMU」についてです。
メーカー商品ページや雑誌等に「IMU」の記載をよく見かけますが、IMUとは

ナーシャルジャメントニット
Inertial Measurement Unit

噛みそうな名前ですが、慣性計測装置のことです。

6自由度(上下左右前後)の動きをリアルタイムに監視し、その時に最適なKIBSやKTRCを制御してくれます。

また通常のコーナリング時にもKCMFが働きエンジンパワーやブレーキ効力を最適に制御し、加速から減速、減速から加速に移行する際の挙動をスムーズにすることで、ライダーが意図したラインをトレースしやすくしています。

モデルによって制御はことなりますが、Ninja ZX-10RやNinja H2 SX SE、Ninja 1000SX、VERSYS 1000SEなど多くのカワサキモデルはKTRC(トラクション制御、ウイリー制御)KIBS ( ピッチング制御、旋回中のブレーキ制御)がしっかりライダーをサポートしてくれます。

なので、安心感、安全性が上がるのです。

アンチロックブレーキ制御やトラクション制御を実際にイメージしてみてください。
直進時の制御と、コーナリング中車体がバンクしている際の制御が同じ。

同じでいいのでしょうか。

直進時、コーナリング時でそれぞれ制御レベルを、変えてくれる方がいいですよね。
その判断材料をECUにくれるのがIMUなのです。

KCMF(カワサキコーナリングマネージメントファンクション) ロールとピッチはIMUで、ヨー方向はカワサキ独自のソフトウエアが演算し、6自由度の車体姿勢の計測されています。

つまり「使いこなせない制御」ではなく、 『安全性の底上げを行ってくれる制御』なのです。 最近のモデルは様々な電子制御がてんこ盛りですがライダーに安心感を与えてくれる制御もたくさんあるんですよね。

諸注意事項

カワサキプラザ札幌白石では皆様の「いいね!」を活力に投稿しております!

是非「いいね!」お願いいたします!

所在地
〒003-0027 北海道札幌市白石区本通12丁目北1-15
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週水曜日、特別休業日
TEL
011-846-1189

ページの先頭へ