カワサキプラザ東京等々力 サービスからのご案内 東京等々力

こんにちは。カワサキプラザ東京等々力です。

梅雨真っただ中の今日この頃、皆様のモーターサイクルライフはいかがでしょうか。

今回はモーターサイクルの点検のお話です。

点検とは、消耗部品の状態やエンジンの機能、油脂類の漏れなどがないか1箇所1箇所検査することです。

しかし、点検して問題ないから良しで終わるのではなく、私たちは今のこの状態が3か月後、半年後、1年後はどうかなど点検しているモーターサイクルの未来の状態を考えます。

ひとつの例としてフロントのブレーキパッドを挙げます。分解点検した時に、パッド残量が2.0mmだったとします。その半年後に再度点検を行ったとして、ブレーキパッドがどれくらい減っているのかは走行距離、フロントブレーキの使用頻度などである程度は予想できるのです。残り2.0mmしかないとしても、半年間の走行距離が1000kmと6000kmでは減り具合が大きく違いますし、今回交換するか、次回点検時に交換するのかアドバイスも変わってきます。

モーターサイクルは外から目視で簡単に点検出来る部分と、分解しないと点検できない箇所があります。

しかし、フューエルインジェクションが搭載されているモデルになりますと、複雑な電子制御がされておりますので、目視で点検できる部分も限られてきますし、部品によっては分解できないものもあるのです。そんな時に私たちが行っているのは、電子制御の状態をチェックできるカワサキの診断機による点検です。

診断画面 インジェクタのテスト駆動中 診断結果

診断結果はA(良好)→B→Cの3段階で表示され、電子制御の状態の良し悪しを判定することができます。

納車時に点検記録簿と一緒に上記の車両診断レポートをお渡しし、点検結果とアドバイスを説明させていただきます。

※インジェクション搭載モデルにおいて、上記の診断機による総合診断に対応していないモデルもございます。キャブレターモデルには対応しておりません。

雨が続きなかなかツーリングに行くことが出来ずモヤモヤし、天気予報を見て一喜一憂する。

そんな日々を過ごされている方も多いことでしょう。

ですが、あと一月もすれば梅雨も明け暑い夏がやってきます。

ツーリングなど色々な計画を立てていることと思いますが、今のうちにモーターサイクルの点検を行っておくことで不安なく思いっきり楽しめると思いますよ。

当店では定期点検はもちろんのこと車検、修理も随時承っておりますのでぜひご相談ください。

所在地
〒158-0082 東京都世田谷区等々力7-8-17
営業時間
10:30~18:30
定休日
毎週水曜日、第1・第3火曜日、特別休業日
TEL
03-5752-0819
MAIL
tokyotodoroki@kawasaki-plaza.net

ページの先頭へ