カワサキの電子デバイス 焼津

みなさんこんにちは!山下マリンです
今日は学ぶ会です!

最近では電子装備が当たり前のようになってきています
色々な種類・単語が沢山でてきて
調べることも覚えることも大変ですよね。
今日はひとつずつ見ていこうかなと思います!

では、さっそく

【KTRC】カワサキトラクションコントロール
3種類の走行モードを任意に選択できます。(1,2,3,OFF)
モード1は最大限の加速を優先
モード3は滑りやすい路面でのスムーズな走行に対応
モード2は1と3の中間で加速性能と安定性を両立させて制御しています
OFFはトラクションコントロールが無いという状況です

最も介入度の高いモード3では突然滑りやすい場所や悪路での走行を
サポートします。発進時にもホイールスピンを制御。
ホイールリフトの制御もより細かくなっています。

KTRCのシステムはエンジンスタートと同時に起動します。

【インテグレーテッドライディングモード】
KTRCやパワーモードの各電子制御と連携する機能で
スポーツ・ロード・レインと3つのセッティングと
各システムを個別に設定できるライダーモードがあります。
●スポーツ ワインディングでのスポーツライディングに対応
●ロード 市街地,高速道路,郊外の荒れた道など様々な路面状況に対応
●レイン 雨天時の走行に対応

【パワーモード】
フル・ミドル・ローと3モードから選択できます。
●フル フルパワー
●ミドル フルパワーの約75%の出力
●ロー フルパワーの約50%の出力

【KCMF】カワサキコーナリングマネージメントファンクション
コーナリング中にエンジンとシャーシ各部のパラメーターを
リアルタイムでモニタリングしエンジンパワーやブレーキ効果を
最適な状態に調整します。

【KIBS】カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム
通常、旋回中のブレーキは車体姿勢に乱れを起こしますが
KIBSはこの挙動を抑える非常に高度な油圧制御を行います。
高精度なブレーキ制御はスポーツライディングでも威力を発揮!
●リヤホイールリフトの抑制
●作動時のキックバックを最小化
●過剰なバックトルクに対応
シフトダウンの過剰なバックトルクにも対応
バックトルクの原因がシフトダウンなのか、あるいは高速回転からの
急激なスロットルOFFなのか判断して不要なシステム介入をしません

【KLCM】カワサキローンチコントロールモード
発進時に最も効率的に加速するための電子制御システムです。
クラッチレバーを握るとシステムが作動しスロットルを全開にしていても
エンジン回転は制限されます。クラッチをつなぐと回転数は上がりますが
無用なホイールスピンやホイールリフトを制御するように出力調整します

【KQS】カワサキクイック・シフター
2500回転以上でクラッチ操作無しでシフトアップとシフトダウンが
できます!減速中のエンジン回転数を制御しているので
シフトダウンもクラッチ操作無しで可能になります。

【エレクトロニッククルーズコントロール】
スロットル操作をしなくても自動でスピードが維持されます。
長距離走行時の負担を軽減し、より快適なツーリングを楽しめます!
ブレーキ,クラッチ,リヤブレーキ,シフトチェンジいずれかの操作、
スロットル全閉からさらに閉じる操作をすることで解除されます

【KECS】カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション
一般的なエレクトロニックコントロールサスペンションは約0.5秒毎に
路面の状況をサスペンションに反映させますが
KECSは0.001秒毎に制御を行います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いかがだったでしょうか!もっと細かくあるのですが

文字だらけになってしまうのでまとめてみました!

最新技術はすごいですね
今日のブログで私も勉強になりました
私の勉強に皆さん付き合っていただきました
そんな感じになってしまいました。

何事もシェアです!色んなことシェアしていきましょうね

所在地
〒425-0068 静岡県焼津市中新田239−1
営業時間
9:00~19:00
定休日
毎週木曜日、第2・3水曜日、特別休業日
TEL
054-625-8109
MAIL
yaizu@kawasaki-plaza.net

ページの先頭へ