どうしてカワサキはライムグリーン? 焼津

カワサキといえば"ライムグリーン"

どうしてライムグリーンなのでしょうか?
少しだけ歴史をご紹介します

ライムグリーンの塗料は1968年から開発が行われました
1969年のアメリカ・デイトナ200マイルでは
ファクトリーマシン全車が
ライムグリーンを身にまとって参戦しました

それまでのカワサキレーサーは「赤」
に塗られることが多かったそうです
今はライムグリーンが定着しているせいか
なぜか驚きですね!

また、ライムグリーンは欧米で「不吉な色」の象徴であり
これらのマシンは驚きをもって迎えられたそうです

しかし、その後のライムグリーンレーサーの活躍により
カワサキのレースイメージカラーとして定着していくのです

世界各国のレースで活躍し畏敬の念をもって
「グリーン・モンスター」と称されました

モンスター級に速かったのでしょう!
昔のレースは今とは全く車両の性能も違えば
技術も少ない分、迫力があるので見てみたいです

所在地
〒425-0068 静岡県焼津市中新田239−1
営業時間
9:00~19:00
定休日
毎週木曜日、第2・3・4水曜日、特別休業日
TEL
054-625-8109
MAIL
yaizu@kawasaki-plaza.net

ページの先頭へ