二輪車事故防止のための2つのポイント! 山梨

こんにちは。

二輪車へ乗ることは、仲間と触れ合ったり、いつもと違う景色を楽しめたり、風を感じたり、マシンを操る悦びを感じたりと人生を楽しませてくれるシーンの一つです。

ただ、一たび事故に巻き込まれると大けがや死亡事故といったリスクも大きい乗り物です。

二輪車は危ない、そんなイメージから二輪車へ乗ることを反対されたりする場面も多いのではないでしょうか。

二輪車を安全に楽しむ、事故のリスクをできる限り減らしていくためには、事故の状況やパターンを知ることも方法の一つです。

今日は二輪車の事故で件数の多いパターンや状況をご紹介させていただきます。

意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、二輪車の事故のパターンで最も多いものが「単独事故」です。二輪車の死亡事故のうち実に3割以上が単独事故なんです。

原因としては、スピード超過によるカーブでの衝突、無理な追い越しによる衝突などがあげられます。

このパターンを防ぐには、スピードを控えること、無理な速度でのカーブへの侵入や追い越しを避けることでしょうか。

スピードに気を付けて無理をしないというだけで3割のリスクを軽減できるということが言えると思います。

次に多いパターンが、交差点での右折してくる自動車との衝突事故です。いわゆる「右直事故」といわれるものです。

なぜ、直進の二輪車が右折する自動車と衝突する、ということが多いのかという状況ですが、大きく2つの状況が考えられます。

一つは、二輪車は自動車と比べてサイズが小さく、自動車のドライバーから見ると実際の距離より遠くにいるように見えるということ。まだ交差点には来ないだろうから右折しても大丈夫だろう、という心理で右折すると実際には、直進してくる二輪車の接近が予想を超えて速く、衝突してしまうことがあります。

二つ目は、直進する自動車のすぐ後ろを走行していると、右折しようと交差点で待機する自動車のドライバーから見て、対向してくる自動車のすぐ後ろにいる二輪車が見えないため、対向してくる自動車が交差点を通過後、すぐ後ろにいる二輪車気が付かず待機していた自動車が右折して衝突してしまうことがあります。

二輪車は自動車に見落とされやすい、このことを認識して、交差点では自動車に自分の存在を知ってもらえるように、車間距離をとって安全な速度で通過することが必要です。

右直事故も二輪車の死亡事故全体の3割を超えるパターンの事故です。

単独事故と右直事故を防ぐように気を付けるだけでも7割以上の事故のリスクを軽減できることになります。

二輪車で事故にあわないために今からできる簡単な気を付けるポイント2つを今日はご紹介させていただきました!

安全で楽しいモーターサイクルライフをお過ごしくださいね。

所在地
〒400-0117 山梨県甲斐市西八幡1187-1
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週月曜日、第2火曜日、特別休業日
TEL
055-260-6151

ページの先頭へ